小平ただまさ

 

 

 

政権交代で確かな改革を

活動報告

HOME
トップページへ
政策 小平忠正の提言
小平忠正の提言
民主党TOPICS
活動報告
小平忠正の国会レポート
時事思う
フォトギャラリー
小平事務所より
後援会
後援会入会のご案内
後援会各種行事
プロフィール
経歴
選挙区紹介
連絡先
小平事務所へのご案内
ご意見はこちら
このサイトについて
リンク
リンク集
HOME > 活動報告 > 時事思う
時事思う
最新号を見る
2月23日 ごまかしのTPP交渉参加へ反対します
1月1日 2013年にあたって
12月3日 明日への責任を果たすために。
10月19日 全国警察本部長会議に出席しました
10月11日 国務大臣就任にあたって大勢の皆様から大変な祝意を頂戴しました
10月1日 国務大臣就任にあたって
4月12日 本会議
12月15日 TPPに関するご報告
11月07日 TPP参加反対を各地で強調!〜今、なすべきことは他にある〜
09月13日 議院運営委員長就任にあたって
07月04日 被災地視察
06月27日 農林水産部門戸別所得補償検討WTを開催しました。
06月22日 「捕鯨の伝統と食文化を守る会」を開催し、発起人代表として挨拶しました。
04月12日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第18号)
04月05日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第16号)
04月04日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第15号)
04月01日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第14号)
03月31日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第13号)
03月30日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第12号)
03月28日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第11号)
03月25日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第10号)
03月24日 「東北地方太平洋沖地震対策本部」情報(第9号)
03月23日 東日本大震災の被害をうけた皆様へ
03月03日 TPPについて〜本当にしなければならないこと
1月1日 新年のご挨拶
11月12日 補正予算について
11月05日 環太平洋経済連携協定(TPP)に関する論議に関して
10月01日 外務委員長就任にあたって
09月01日 民主党代表選挙告示にあたって
06月14日 菅新内閣が発足しました。
5月21日 口蹄疫対策に全力を尽くします。
5月20日 捕鯨の伝統と食文化を守る会に出席致しました。
4月23日 所得補償制度について
3月26日 平成22年度予算の成立にあたって
1月1日 新年のご挨拶
8月30日 政権交代、この想いを国の形に
8月17日 政治への信頼を取り戻すため、私たちは必ず責任を果たします
8月8日 FTA問題に関するマニフェストの修正について
7月21日 国民の声が届く政治を
12月12日 中小企業の元気のために
5月2日 後期高齢者医療保険に関して
4月1日 平成21年度予算が、3月28日に成立しました
12月7日 燃油高騰緊急対策について
12月6日 教育予算の問題について
7月30日 政権交代へ
9月28日 臨時国会開幕! 小沢民主党vs安倍自民党闘論開始!
9月14日 待ったなし「年金制度改革」土俵際!
4月18日 後半国会へ向けて
11月10日 小泉改革の危うい中身を検証すべき
11月1日 第163特別国会を終えて
9月12日 決戦を終えて
8月8日 衆議院の解散について
7月25日 HPを全面リニューアルしました。
7月7日 国民不在、地方潰しの「郵政民営化法案」
廃案めざす民主党に歩調合わせた自民党37人
7月1日 「トド対策」あらゆる手段を検討すべき
6月21日 国を代表するという自覚
5月27日 民営化よりも正常化
小泉郵政改革で誰が喜び、誰が苦しむのか。
5月25日 米国産牛肉の輸入再開に関して
農水省と厚労省の、食品安全委員会に対しての諮問内容
5月19日 北海道で18頭目のBSE(牛海綿状脳症)感染牛
国民を危険にはさらせない〜現在の検査体制を続けるべきです。
4月23日 郵政民営化について
誰のための、なんのための民営化か・・・
3月28日
平成17年度予算成立について
結局、何も変わらない
3月24日
災害を政争の具にしてはならない
まず「被災者生活再建支援法の改正」を!
3月10日 島村大臣、非常識なのはあなたです
2月25日 食料・農業・農村基本計画(案)の答申について
〜食糧自給率2本立ての愚作は国民を惑わせるだけです
2月14日 なぜ、政府与党は真摯に議論できないのか?
郵政民営化最優先は国会の怠慢
1月25日 通常国会が始まりました。
〜今、求められているのは郵政民営化ではない〜
1月1日 新年のご挨拶


トップに戻る

copyright 2003 Kodaira Tadamasa all rights resereved.